最後に空気をいれたのはいつですか?

依頼主が言うには、同業の知人がメンテナンスをしていた自転車のパンクだそうです。実車確認をしたのですが、変なところがいくつかありました。同業はSAKURAのタイヤは使っていないのに新しいガチガチに硬いタイヤが入っています。

確認したところ、タイヤはイオンバイクで前後交換したそうです、そこで質問しました「最後に空気を入れたのはいつですか?」の返答は「3ヵ月くらい前」だそうです。タイヤ内部は肉厚が2ミリくらいありそうなチューブがこすれてボロボロになっていました。バルブの横に大きな穴、安全を見てチューブを交換しました。

このタイヤは耐パンクタイヤで横を触っても空気が入っているか非常に分かりにくい。圧力管理は…とりあえずは修理後のタイヤサイドを押した感触を覚えてもらって、月1〜2回の空気入れをして下さいとお伝えしました。(何も伝えないよりマシ)

今回はタイヤの問題よりも3ヵ月空気を入れていなかったことが原因と思われますが、空気を入れる習慣があれば 防ぐことができるパンクだったと思います。

ヨダンですが
空気圧管理をキッチリやるなら、前後チューブを米式に交換、(パナ変換バルブはチューブとの勘合が悪く空気漏れを起こしたことがありウチは使いません)ゲージ付き空気入れに用意する、今後 硬い耐パンクタイヤを使っていくのであれば、このくらいの備えが必要なようです。1万円とはいいませんが、結構な費用が掛かります。しかも道具があっても習慣がなければ 全くムダになりますが。ハード面には他にも手段があるようですがウチならこうします。

この記事へのコメント