工具の小ネタ

自転車技士試験の実技ではママチャリ修理メインのワタシはあまり使わない「アーレンキー」を良く使います。六角レンチと呼ぶのが自分的にはしっくりきますが、自転車業界だとそうではないようです。

さて、アーレンキーについて小ネタを書いてみようと思います、大したことではないですが・・・・

ワタシが読んでいたブログ⇒自転車技士・安全整備士受験(実技)

でY字型のアーレンキーを使うワザが書いてありました、確かに3本のアーレンキーを持ち歩くより合理的です。ワタシも早速購入して使いだしてみたのですが、六角ネジに合うサイズ探しに少々手間取ることがありました。

4と6は見れば分かりますが4と5、5と6だとワタシの場合「迷い」が生じました。ハンドル、Vブレーキ、ワイヤー固定などなど、使う箇所は多いですからね。ロスも積もれば結構な時間になるかも。

というわけで目印を付けました。

IMG_1245.JPG

5にタイラップを巻いただけです、4と6は目視で分かるので、「迷い」は減った気がします。

IMG_1046.JPG

手順違い等でVブレーキのネジをホイールを装着した後に締めるなら普通のアーレンキーを使った方が速いですが、手順を間違えなければY字アーレンキーでワタシの車種は全て組めました。









この記事へのコメント