分解して欲しい

仕事中に電話か掛かってきました、IP電話の番号でしたが出ました。すると、自分の出張範囲にあるお宅にあるロードバイクを分解して箱に入れられるようにしたい、という依頼がきました。

お話を伺っていると、電話を掛けているのは本人ではなくてご家族のようで、ロードバイクがカーボンの高価な品らしく引っ越し会社は扱いたくないと言われて困っていたそうです。

そこで、ワタシの所へ連絡が来たようです。自分の場合なら輪行でロードバイクをバラして持ち歩くなんて良くやりますが、今回の場合のように自宅まで行って分解梱包するのは初めてです、カーボンなので扱いも慎重にしなければと思っていました。

西濃運輸のロードバイク輸送箱でも調達すれば良いかと考えて一応仕事を受けました、日程的にも今月末で時間もあるので他に良い方法を調べる時間も取れるだろうという考えもありました。

ちなみに電話はある東北地方からでした。本人の代わりにこちらのお住まいの荷物を全て引き上げる必要があったとのことです。

しばらく経って、ロードバイクの輸送を対応してくれる所が見つかったと連絡を頂きました。組み立て作業の仕事は何回か受けましたが、時にはバラすという仕事も発生するようです。

※とはいっても、クロモリロードのシートポストが抜けないといった仕事は受け付けません、あしからず。












この記事へのコメント