ハンドルが戻らない

前に子供を乗せるタイプの自転車が駐輪中に強風で倒されて、ハンドルが曲がり切れてしまったとのことで修理に伺いました。

この自転車はスタンドを掛けるとハンドルが固定される機構がついているタイプでしたが、だいぶ前に壊れてハンドル固定は効かないそうです。

電話でのハナシでは固定機構が何か悪さをしているかと推測していましたが、実物を見ると前輪部が重いために勢いがついた状態で自転車が倒れてハンドルが曲がり切っている、という事象が起きていました。

IMG_1080.JPG

実物を見るとキャリパーブレーキのワイヤー部がフレーム下をくぐっています。無論手で押し戻すことは無理です。

IMG_1082.JPG

どうやってブレーキ部がフレーム下を潜ったのか分かりませんが、風の力は相当なモノだったようです。

さて修理はキャリパーブレーキ周りを外してハンドルが普通に動くようにして再度ブレーキを付け直しを行いました。

IMG_1083.JPG

試走をしてみたのですが、この手の自転車はハンドル上に子供が乗るためか、ステムナットが緩んでいる場合が多いです、今回もブレーキを掛けるとガタがありました、これはレンチで締めておきました。

前に子供用シートが付いている自転車は激しく倒れるとかなりハンドルを強い力で回してしまうようです。倒したくて倒すワケではないでしょうが、強風な日の駐輪には少々気を使った方が良いかもしれません。








この記事へのコメント

  • かざはり

    リサイクラー店主さん

    この自転車の固定機構はだいぶ前に壊れていると聞いていました。細かくチェックしていませんがワイヤーがトラブってロックが効かないないようでした。

    ただ、試走で感じたのですがステムにガタがあったのは事実だったので、あのような「乗り越え」が起きてしまったのかもしれません。

    今回はステムナットの増し締めで対処しましたが、ハンドル動作の引っ掛かりは無かったのでそのまま納車しました、これからはステム関連のベアリング関係のトラブルの有無も確認するようにします。

    アドバイスありがとうございます。

    2019年09月19日 05:29
  • リサイクラー店主


    この事象は、たまーにありますよ。

    うちは、下ワンのリテーナーが損傷して通常サイズかと思って分解したら、リテーナーの厚みが専用らしくノーマルだと薄くて干渉するので部品取り寄せましたよ。

    お気をつけて!
    2017年07月18日 16:23
  • リサイクラー店主


    こんばんは。

    開けてみないと分からない事が多いです。

    メーカーの営業は、あてに成らないので、「自分の目!」で観察して対応するしかないですよ。
    2017年07月20日 23:53
  • かざはり

    リサイクラー店主さん

    コチラは出張修理で対応しているので、パンク修理とチェーン、カギの修理交換がほとんどです。

    今回のような変わったケースの修理は経験が少ないです、経験値を積む上でこのような修理は現物確認を十分に行って原因をハッキリさせた方が良さそうですね。再発すると信用問題にもなりますし。

    コメントありがとうございます。
    2017年07月21日 08:33

この記事へのトラックバック