イタズラ

最近、パチンコ屋さんでやられたかも、もしくはパチンコ屋さんの駐輪場に呼ばれることが何回かありました。大抵はパンク修理の依頼です。調べてみると意図的に自転車のタイヤに鋭利なモノで刺されていることが多いです。

普段、パンク修理をする際には一度チューブを取り出して空気を入れて水にチューブを入れて穴の箇所を調べるのですが、穴が多いと空気を入れても抜ける速度が速いので複数かもしくは穴がデカイかなどの目安にはなります。

ある修理ではチューブに空気をいれてもすぐに抜ける、2ヶ所程パッチ修理をしてみましたが、どんどん新しい穴が見つかります、空気を常時送り続けて水調べをすれば穴が多数あることもすぐに分かるのでしょうが、小さいポンプしか持ち合わせていないので、パッチ修理して空気が溜まる状態になると再チェックで別な穴が空いていることが分かったり、穴多数で最終的にはチューブ交換になってしまうなど、時間のロスと修理金額が変動してしまいお客さんにはご迷惑をお掛けしてしまうこともありました。

話は戻りますが、この自転車はパチンコ店に駐輪していたらパンクしていたそうです、結構イタズラが多いとも聞きました、こればっかりは注意しようがありませんが。

場所は問いませんが、タイヤがパンクしていたら押して近所の自転車店に持ち込むか、ワタシ達のような出張修理に修理依頼をするのが望ましいです、パンクしたままで走行してしまうと、タイヤのダメージが大きくなってしまうことがあります。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック