135MMエンドですが。

現在、手元に一台のクロスバイクがあっていろいろいじっています。このクロスバイクは中古ですがほぼ未走行車です。ちょっと気が付いた点など書いてみます。

クロスバイクとロードバイクはハンドル形状の違いで大きな差異はないと思われがちです、しかしクロスバイクはMTB(マウンテンバイク)寄りの部品が使われていたするので想像以上に互換性がないです。例えばロードバイク用のホイールに交換したいとなると、フレームのエンド幅がロードは130MM、クロスは135MMと5MMの違いがあります。無理やり5MM幅をクイックシャフトでアルミフレームを曲げる装着するのは禁手で5MMのアダプターをつけて135MM幅にする部品も売っています。

しかし、厳密にはエンド幅は135MM設定でも実寸は132MMだったり137MMだったり結構バラついているようです。仮に132MM幅なら約3MM拡げてホイールを入れているワケです、それでも問題はないようです。

今回入手したクロスバイクは135MMエンドですがロードバイクのハブが入っていました。実際にエンド幅を測定してみると133MMだったので普通に装着が可能です。但し3MM程クイックシャフトで締めていることになります。

変速も普通にできますし、センターも出ています、特に加工することもなくロードホイールは装着できることが分かりました、とはいっても前オーナーの方が部品を交換して下さったのでワタシは寸法を調べただけですが。

130MMと135MMの違いはあれどクロスバイクフレームのエンド幅が132~133MMくらいならばロードバイクのホイールを入れることは可能なようです。もし多段化するならば変速の調整やカセットギアの互換性などを調べるのは大変そうですが。

現在はシングルロード化したTNI7005MK2のフレームのエンド幅実寸は133MMでした、結構いい加減です。

まあ、アームの長さや溶接した後の収縮などの兼ね合いもありこの程度の寸法変動は当たり前なのでしょうかね。
















この記事へのコメント


この記事へのトラックバック