コスレています。

最近の仕事のなかで多い内容はパンク修理です。パンクとは言っても、タイヤ交換を必要とするものや、チューブの交換、チューブの穴などパンク修理の内容もいくつかに分類されます。

タイヤ交換はここ数日は破裂での交換というケースが数件。チューブは空気バルブ付近の穴やバルブ部根本の切れでパッチ修理が行えず交換。他には空気不足によるチューブとタイヤがコスレて穴が空いてパンクするケース。タイヤ内部はゴムの摩耗粉が多く、ほぼチューブの削れによるものです。

このようなケースはチューブ自体が摩耗して薄くなっています。パッチ修理を行って走行が可能になっても、空気が少なくなった状態で走行すると再発しやすい旨は伝えるようにしています。

タイヤの空気は手で押してみて簡単にへこむようだと不足しています、早めに空気を入れましょう。


















この記事へのコメント


この記事へのトラックバック