中古自転車について

ラッキーなことに近所で自転車の実店舗を経営されている方とお話をする機会が少し前にありました。

その店舗は新車だけ売るという形態とは全く異なり中古自転車があふれていました、店主様とのコアな話は非常に勉強になりました。

それから仕事の最中の移動ではさすがに同業者とバレるのでやりませんが、私用で自分がロードバイク等で移動している際には個人経営っぽい店があれば最近は覗くことにしてます、店頭くらいですが。

発見!という程でもありませんが。越谷の個人の自転車店は意外に中古自転車の展示があり1万円以下という車体も珍しくありません、ただし全てが長期間使えるか?というと期待はしない方が良いかと思います、そこは1万円以下という値段ですからね、でも出物もあるかもしれません。

後ろタイヤ交換4000円するなら自転車を替えた方がマシとお考えの方には1万円チャリを買う他にもそういった手段もありますよ、と書いてみました。

少し前に放置自転車のリサイクルという記事を書きましたが、紹介した店舗に限らずいろいろな店舗で引き取った自転車を整備して販売していました。

これは時の運、出向いた先で丁度良い中古自転車に遭遇することもあるかも。覗いてみた傾向ですが(あくまで主観です)ブランド品は価格が高めで1万円以下の自転車にはたまたま遭遇しませんでした。

もし中古自転車を買うなら、せめてタイヤが減っていないか調べましょう、ダメだとまた費用が掛かります。

以前「この自転車は(他の店舗)中古で買ったのになんでオタクは修理代が高いのだ」と言われたことがあります。故障した際はその中古自転車を販売した店舗に相談したほうが良いでしょう。
























この記事へのコメント

  • リサイクラー店主 小松崎


    こんにちは。

    先日は、ご馳走様でした。m(__)m

    わざわざ、足を運んで頂きありがとうございます。

    お客さんの安全の為の勇気ある提案は躊躇せずにやり続けましょう!(^_^ゞ
    2017年05月12日 18:03
  • かざはり

    リサイクラー店主 小松崎さん
    おつかれさまです、先日借りた本を読んでいますがとても勉強になっています。
    安全面の件ですが顧客に嫌がられても安全を左右する修理の提案はしていこうと思います。


    2017年05月12日 22:31

この記事へのトラックバック