後ろフェンダーのネジが外れます。

修理の依頼が来て「子どもの自転車がパンクして・・・」という表現に最初はビビりました、16インチ?18インチ?サイズはいくつなんだろうか?と。

しかし案ずることはナシ、高校生だろうが大学生だろうがたしかに親から見れば「お子さん」です。なので普通に26~27インチのママチャリを修理しています。

話は飛びますが・・・

高校生や大学生が使っている自転車でフェンダー付きでカゴまで付いているクロスバイクがあさひから販売されています。また走っているのを良く見ます。

私も修理をする機会が何回かありました。修理内容はパンクが多いのですが、と同時に後ろフェンダーの固定ネジが脱落したのでネジを付けて欲しいと頼まれます。

100000028972_17.jpg
矢印部のココです。

ママチャリならば泥除けの固定はハブシャフトによって行いますが、このクロスは少々固定法が違いフレームにネジでフェンダーアームを固定しています。ネジの締め付けトルクが不足しているのか、泥除けの剛性が弱く想像以上に振動しまくっているのか、ネジ脱落が多い気がします。

普段、私はM4とM5のネジは常備しているのですが、この泥除けのネジはM6で当初は工具箱にあったM6ネジを使って対処していましたが、ついに底をつきました。これからもこのケースには直面しそうなのでM6ネジを調達はしようと思っています。

ちなみにその自転車は

オフィスプレススポーツ-G クロスバイク

という4万円近い自転車なのでこうも分かりやすい箇所のネジ脱落は勘弁してもらいたいところです。

今後はこのタイプの自転車を修理する際にはこの部分の増し締めは行うことにします。同タイプに乗っている方も念のためネジの緩みはチェックした方が良いかもしれません。







この記事へのコメント

  • あのこら

    まだ遭遇はしていませんが、M6のネジを準備しておきます。
    2017年04月21日 06:59
  • かざはり

    あのこらさん、お疲れさまです。
    本日もあさひクロスバイクの修理をしましたが当該ネジはギア側はM6、反ギア側はM5になっていました、少し古めのモデルだったので対策途中だったのかもしれません。



    2017年04月22日 17:18

この記事へのトラックバック