仕事の依頼でタマに聞かれます。(各自治体の対応)

仕事の依頼があって修理内容や住所など必要な情報のやりとりを行ったあとに「アンタのトコはタダで古い自転車を持って行ってくれないの?」

と言われることが数回ありました。ま、丁重にお断りしています。ただあふれる古い自転車たち置き場に困っている方もいるのは事実です。

修理に出向く先々でもうこれは修理をする価値はほぼないだろう、という自転車たちにも遭遇します。

新車を買うと1000円程度の支払いで古い自転車を回収するサービスをやっている店舗もあります。でも一台購入、一台だけ引取が多いようです。

ワタシの場合は新車を買わない場合でも古い自転車を処分するならば、「市の粗大ごみ」による処分方法を利用しています。

ワタシが住んでいる越谷市は持ち込みならば無料で対応してくれるようですが、持ち込み手段がない場合には有料で引き取り処分をしてくれます。

普通のママチャリならば100~1200円くらい、費用は自治体により異なります、越谷市は高い方。一方で草加市は格安です、なおその地域の住民でなければ処分を依頼できないのでご注意を。

処分に際し持ち込み、引取ともに手続きが必要ですが、ネットや電話で申込みが出来ること、指定された日時に自宅前に古い自転車を置いておけば回収してくれるので、多少の費用は掛かりますが処分できます。また新車を買っても1000円くらい処分に掛かることを考えれば、大きな金額ではないと思います。

参考までに各自治体の対応 

越谷市粗大ごみについて
草加市粗大ごみについて
川口市粗大ごみについて

自転車修理屋が自転車処分方法の情報を書くことに非常に矛盾を感じていますが、今まで良く頑張ってくれた自転車ですが役目が終えた現在は自治体を利用し「ありがとうさよなら」処分する方法もありますよ、と一応書いてみました。






















この記事へのコメント


この記事へのトラックバック