シングルで走ってみた。

時間が取れたので、というかパーツが揃ったのでブレーキを付けて、元ロードフレームのシングル車を走れる状態にしました。要は前のTNI7005MK2の変速機構ナシに仕上げてみました、当然フリーギア仕様です。

ポジション関係はおおまかにセットしてレンチを持って坂を走ってみて、シートやハンドルあたりを微調整をして、いつも走っているルートを20キロほど走ってみました。やはりチェーンが少々張り気味で少し緩みが必要と感じました。(後で修正しました)

平坦なルートなので、さほど負荷は掛かりませんがスピードを上げるにはケイデンスを上げる必要があるのでロードの変速機構はありがたいモノだということを実感。

ただギア選択の余地がないということで、純粋に走るということについて集中できたような気がします。ロードバイクとは違いますが、街中や近距離を走るなら使い勝手が良さそうです。

あとは
白黒こーむいんさん方面にジンモンを受けてしまう前にライトとテールランプ、ベルを付けないと。

IMG_0818.JPG

※これは変速機構付きの頃の画像です、現在とはだいぶ変わっています。














この記事へのコメント


この記事へのトラックバック