イタズラ

少し前のコトですが、リピートのお客さんから仕事の依頼がありました。このお客さんに依頼される場所は駅前の駐輪場で現地集合というパターンです。

「今日の帰りまでにパンク修理をしておいて欲しい」とお子さんに頼まれたそうで、2回依頼を受けました。

どうも、その駅前の駐輪場はイタズラによるパンク被害が起きているようです。たとえば、実際の状況はエアバルブそのものがナイ。タイヤを何かで刺して抜いたり。

しかも、ランダムではなく「狙われて」いるみたい、というコトも聞きました。

結局、まだ使える自転車だったのですが、新車にしたらパンクやイタズラはなくなったそうです。「狙い」から外れたのかも。

これは依頼主さんの別な自転車の修理で自宅に出向いた際に教えてもらいました。


前とは別なお客さんのハナシですが、2台の自転車を所有していて、どちらかの自転車の前輪が交互にパンクしているとのコト。それと袋ナットがいつも緩められているような・・・とも聞きました。

とりあえず、パンクしている1台目の前輪タイヤは劣化が進んでいたので交換をしました。その際に虫ゴムを確認すると、虫ゴムが切れていました。

これはイタズラというか、虫ゴムとタイヤの劣化がパンクの原因と思われました。1台目はタイヤ交換と整備で終わりです。

次は今日はパンクしていない2台目の自転車の確認を行います。これも前輪の虫ゴムをチェックすると切れているので交換。まず最初に空気を入れて様子を見ていました。

1台目の修理が終わった時点で2台目のタイヤをチェックするとエアが漏れているようです、なので通常のパンク修理を実施。

確認すると細い針金みたいなモノが1本がタイヤに刺さっていました、これを除去しチューブにパッチを貼って修理は完了。

今回のように虫ゴムの劣化が同時期に2台起きてパンクが頻発すると、疑心暗鬼になってしまいますね。
























この記事へのコメント


この記事へのトラックバック