バンドブレーキ

自転車に乗っていて後ろブレーキを掛けると「キー」っとデカイ音がするブレーキがあります。そのブレーキはおそらく「バンドブレーキ」が採用された自転車だと思います。

効きについては問題はナシですが音が少々モンダイ?というブレーキをネタに書くことにします。


今回購入した、CBAの自転車はリアブレーキがバンドブレーキ仕様のモノでした。無論それを承知して購入しています。

もともとブレーキはサーボブレーキに交換するつもりでした。これはバンドブレーキから作動音が静かなサーボブレーキに交換して欲しいというニーズはあるだろうと考えてのコトです。

ブレーキネタでハナシは少し変わりますが修理対応で触る自転車はバンドブレーキとローラーブレーキは半々くらいだなと感じています。もちろんそれぞれに善し悪しはあると思いますが。

あくまで主観ですが・・・

バンドの効きは立ち上がりのON/OFFがハッキリな感じで、ローラーやサーボはマイルドな効きという印象を受けます。

流通している自転車たちは限られたコストのなかでのパーツ選択により構成されているワケで移動修理屋がえらそーなコトを書いてもしかたありませんので、ブレーキの選択も「ふ~ん、いろいろあるんだな」くらいにしときます。


IMG_0537.JPG



IMG_0544.JPG

バンドブレーキでは締める、サーボブレーキはシューが開きブレーキを掛ける構造になっていました。上手な方はブレーキの鳴きを調整できるそうですが、そこまでスキルのないワタクシはサーボブレーキに交換する手法を会得しておいたほうが良さそうです。

互換性はあるので、交換には大きな問題ナシ。

IMG_0545.JPG

ブレーキは交換しただけで少ししか実走していないので、荷物を載せてテストをしてきましたが雨天時のブレーキも若干マイルドに効くようになりました。グレーチング上ではもっと差が出るかもしれません。

CBAバラシネタから少々路線がズレました、次回からそのネタを書いてみようと思います。



















この記事へのコメント


この記事へのトラックバック