耐パンクタイヤ

パンク修理の依頼を頂いて修理に伺いました。

自転車はほぼ新車に近い状態でタイヤにもヒゲが残っています。ただし、パンクをしているタイヤを触ってみると全体的に「硬い」です、おそらくはタイヤのゴムが厚めの耐パンク仕様になっているようです。

タイヤ外周の目視チェックではキズや異物が刺さっている様子はなくチューブを確認することにしました。

IMG_0466.JPG

修理をしている方であればよくみる風景かもしれませんが、チューブとタイヤとが摩耗してゴムのカスが発生しています。

これはチューブの空気が少ない状態で走行してタイヤとチューブがこすれて摩耗したと思われます。

チューブ自体も点検しましたが穴と穴の予備軍が発生していたのでチューブ交換で対処しました。

今回の作業を通じて問題だなと思ったことですが
耐パンクタイヤはゴムが硬い故に空気が適正に入っていることがやや分かりにくいことです。かなりパンパンに空気を入れておくのが良さそうです。

一方で空気圧が低いと普通のタイヤと同様に今回のようにチューブが摩耗してパンクが起きる可能性があります。

せっかくグレードの高いタイヤを入れていても耐パンクについて効果を発揮するにはマメに空気を入れるということが大切ということになるのでしょう。

























この記事へのコメント


この記事へのトラックバック