くるピタ

前に子どもを乗せるタイプの自転車は「くるピタ」というハンドルを固定する機構があります。

最初はパンク修理で伺った先で動きが悪いので見て欲しいと依頼がありました。くるピタがついている自転車は以前ちょっとだけ触っただけです。

くるピタのトラブルで多いのはベアリングが錆びてリテーナーが破損する事象が多いようです。もしそのトラブルならばハンドル周りをバラして専用工具でベアリングを外す必要があります、ちょっと大がかりな修理になりそうかなと思いましたが、下回りを見てみるとサビだらけというワケでもない。

IMG_0393.JPG

IMG_0395.JPG

ですが確かにレバーが動かないのでロックができません、ハンドルはスムーズに作動するので乗るには支障はありませんがハンドル固定が効かないという点が問題です。

あちこち見てみましたが、最終的にはレバー部のワイヤー巻き取り機構をバラして何度かレバーを動かしてみると引っ掛かりが取れたようでレバーが動くようになりました。ネジはオーバートルクにならないように締め直し、ワイヤー取り回しもチェックしましたが特に異常はナシ。

念のため可動部にグリースを付けて組み直してハンドルがロックするか、さらに負荷を掛けるとロックがリリースされることを確認してお渡ししました。

「くるピタ」の動きが変だな、と感じた場合には専門店にて点検されることをオススメします。もちろん当店でも対応します。

よろしくお願いします。