研ぎ澄まされている

パンク修理の依頼があり、出向きました。「見れば一発で分かる」とのコト、原因がです。

実車を確認すると木ネジがタイヤのド真ん中に刺さっており、お~確かに「一発で分かり」ました。

チューブをチェックするとネジがチューブを貫通し、2ヶ所の穴がありましたので修理しました。

さて・・・・・

刺さっていた木ネジがコイツ

IMG_0486.JPG

自転車をパンクさせるためにだけに研ぎ澄まされた形状のように見えます、こんなのをタイヤが拾ったら無事では済まないだろうな、と妙に納得。

しかし、どうやったら木ネジがこんな形状になるのでしょうかね?