電動アシスト自転車のタイヤ交換

コトの始まりは電動アシスト自転車のタイヤ交換をお願いしたい、という依頼。お客さんは以前、近くの自転車店でタイヤ交換をお願いしたが断られたそうです。

電動アシスト自転車のタイヤは26インチは用意してあったので大丈夫かなと思っていましたが、実車を確認したらタイヤのサイズが「特殊」でした。

普通のママチャリなどシティサイクルはWOという規格でタイヤサイズの表記だと「26×1 3/8」や「27×1 3/8」とかタイヤサイドに書いてあります。

ちなみにWO規格での26インチの場合ではビード部外径が584mm、27インチなら630mmです。依頼された電動アシスト自転車のタイヤは26×1.75というHE規格のタイヤでした。

HE規格はマウンテンバイクやミニベロ(小径車)などのタイヤに使われている規格です。ちなみにビード外径は559mmで径が違うので同じ26インチ表示でも全く互換性がありません。

IMG_0454.JPG

タイヤ自体はパンクはしていませんが溝がないので交換して欲しいとのコトでした。

このサイズで電動アシスト自転車用のタイヤは見つけることができず、MTB用の耐久性重視のオンロードタイヤを用意しました。自転車のアシストはハブモーター式でホイールを脱着するには防水カプラーを外します。

IMG_0461.JPG

外装変速なのでチェーンを外すのは問題ナシ。あとはいつもと同じ作業です。

IMG_0455.JPG

フロントはクイックリリース+Vブレーキと珍しい仕様になっていました。

IMG_0463.JPG

こんな感じで前後タイヤ交換をして、ブレーキ関係は入念に点検調整してお渡ししました。

この電動アシスト自転車はメーカーが不明ですが、ネットで販売されているのは良く見ます。国内ブランドの電動アシスト自転車とは規格構成がだいぶ違う印象でした。