電動アシスト自転車のタイヤ交換について

過去の記事で書いたことがありますが、今ワタシが使っているヤマハパスという電動アシスト自転車はバッテリーが使用不能となったので電動アシストユニットを外して元パス!?になって活躍しています。

IMG_0230.JPG

こんな感じです。アシスト付き時代から普通の軽装車用のタイヤを履かせています。

時折頂く修理依頼で最近の電動アシスト自転車をさわる機会がありますがビックリするのは「車体の軽さ」です、昨今の技術の進化は素晴らしいと感じました。

というか、普通のママチャリと重量的に大きな差がないと感じたりも・・・・

コレはあくまでカタログ上のハナシではありますが、軽いアシスト自転車だと25キロ程度、激安ママチャリで20キロ程度そんなに重量差は無かったりします。

製造メーカーからするとアシスト機構が付くことによる重量増に対応するために、丈夫なタイヤを標準装着するのは当然だと思います。

しかし修理となるとハナシは別です。

タイヤが減るまで乗ったアシスト自転車は、バッテリーの持ちが新車時より短くなっている、この先いつまで使うのか・・・という点でタイヤ交換費用を掛けたくないと考えるお客さんもいます。

そのような場合には普通の軽装車用のタイヤ交換をオススメしています、アシスト用タイヤよりは交換費用を安くできます。

ワタクシも自分のアシスト付きの頃からパスに普通の軽装車用のタイヤを履かせていますが、全く問題は発生していません。

このようなちょっと古い電動アシスト自転車のタイヤ交換を行っています。

よろしくお願い致します。

IMG_0434.JPG