外装変速は便利ですが・・・・

最近の修理依頼を頂く内容はパンク修理がかなり多いです。

時には可動部のサビがひどい自転車もあるので、注油もいかがですかとオススメする場合があります。

シングルや内装3段の変速を機構をもつ自転車はチェーン部分に関しては、サビがひどい自転車は少ないです。カバーが付いているモノが多いですからね。

一方で外装変速の自転車はチェーンが雨に濡れたりする機会が多いので短時間でサビが進行しやすい印象を受けます。

IMG_0383.JPG

この自転車はあまり走行していませんが、屋根がある駐輪場に放置してあるモノ。変速機周辺のサビがヒドイです。

IMG_0384.JPG

チェーンリンクの固着も見られます。このような状態のチェーンを注油して動くようにしてほしいと依頼されることがありますが、現時点ではCRC556や専用の洗浄液でサビを落として、グリススプレー吹く程度しか対処できません。それでもスムーズな可動は期待できないと思われます。

どうしても外装変速の自転車はチェーンが外に露出している関係でこまめな注油が必要です、外装変速は坂が多い地区だと非常に便利ではあるのですが・・・・

ハナシは戻りますが、ダイソーのグリススプレーでも良いので、サビる前にチェーン周りの注油をしておくと回転抵抗も少なくできチェーンの寿命も伸ばすことが可能です。

但し、画像のようにサビが進行してしまったら、チェーン交換が確実です、その後は定期的な注油を心掛けて頂けると自転車を長く使うことができます。

なお、チェーンの交換は当店で承っています。

チェーン交換価格はコチラから確認できます。⇒修理料金のページ


よろしくお願い致します。